黒らぶ「太郎」と「みなみ」のおちゃらけ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『壺中天地 ル クリマ』さんの日本フレンチ

<<   作成日時 : 2015/10/25 19:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日は、ライル母ひろぽんさんとの食い友の会でした。
国立にある、日本フランスレストラン(意味不明ですが…)『壺中天地 ル クリマ』さん(店名も意味不明ですが…)にて。

お店の中に入ってビックリ!
だって、外から見るよりも、せっま〜!
カウンター6席、テーブル1席(つめて4人がけ)。
私達は、カウンターの真ん中に陣取ってお食事スタート。

まずは前菜。えぼ鯛のサラダ仕立て。
へ〜〜〜!えぼ鯛って生で食べられるんだ〜!
画像


ふたつめ前菜の、丹波の栗と里芋のスープ仕立て。
ユリ根や黒豆の枝豆も入って、優しいほんわかの味。
画像


お魚料理は、小田原産(違うかも)青ムツとうちわエビ。
ブイヤベースっぽいソースで、あっさり。
うちわエビって、初めて頂きました。
美味しかった〜
画像


お肉料理。
コースはラム肉ですが、私はラムは苦手なので違うお肉に変更して下さい!とお願い。
てっきり鶏肉かなぁと思っていたら、なんと「イベリコ豚は大丈夫ですか?」とのシェフのお言葉。
はいはい大丈夫ですむしろ大好きですから〜〜〜(^^)
画像


サクサクの絶妙な焼き加減と、これまたあっさりソースで、美味しい〜

デザートはコーヒーと、いちじくのタルト、かぼちゃプリン、バニラアイス。
全て手作りです。
バニラアイスの中にはバニラビーンズがたっぷり。
アイス美味しい〜!もっと沢山ください!
画像


シェフ、ひとりで全てのお料理作りに奮闘してました。
でもね、ちゃんとお皿を温めたりデザートのお皿は凍るくらい冷たくしたり。
美味しいものを美味しく食べてもらおうという心遣いを感じました。
ホールは奥さんかなぁ?美人で感じの良い方でしたよ。

ここのお店は、お魚も野菜も素材にこだわっているみたい。
そして、日本フレンチの意味が何となくわかった気がしました。
フレンチの濃厚なソースではなく、日本人向けにあっさりしたソースで食べさせてくれるからかな。
美味しく頂きました。ごちそうさま。

帰りはお豆腐屋さんでお買い物をして、ライルさん家に戻りました。
ライルさんもニコニコ、出てきてくれました。
画像


いろいろ心配なことが多いライルさんですが、太郎とふたりヨボヨボになるまで頑張って欲しいと思います。
お大事にね。
絶対リタイアするなよ〜!!

ひろぽんさん、お土産たくさんありがとー
車で連れてってくれてありがとー
来月もよろしくね(^^)v









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『壺中天地 ル クリマ』さんの日本フレンチ 黒らぶ「太郎」と「みなみ」のおちゃらけ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる